運動せずにダイエットする方法ご紹介!一ヶ月で5kg痩せられる~運動嫌い必見!

ーあまり運動をしないで痩せる方法はありますか?激しい運動は体調が悪いのできません。
ーー運動しないで痩せる方法はありますか??熱中症になりやすいので…
ーー運動しないで痩せる方法を詳しく教えてください!!
夏が近づくにつれ、「痩せないと」という気持ちが強くなりますよね。暑いから露出も増えるし、寒い冬には着ることができない服がやっと着られます。水着み着たいです....
肌を出す機会が増えるから誰しもが夏は気合が入るものです。
そのため、ダイエットしなければなりません。
ダイエットと言えば、運動をして脂肪を燃焼させようとよく見られますよね。確かに運動をすることで脂肪を燃焼させることはできますが、運動が苦手な人や運動不足の人にとっては辛いですよね。そこで、最初提出した問題のように、痩せたいですが、運動したくないです。
そもそも運動しないで痩せられるのか?って思う人もいるはずです。
実は運動しないで痩せるって簡単なんですね!
少しずつ生活に変化を加えていくだけでいつの間にかダイエットしてるつもりないのにずっと太らない、なんて常にダイエットしてる人からすれば羨ましい状態になることもできます。
ちょっとしたコツを知ってるだけで痩せられるなら嬉しいですよね。今回は運動しないで痩せる方法について書いていきたいと思います。

一、運動なしでも痩せられるの?

まずは、結論から言うと、運動なしでも痩せられるかどうかと聞かれれば、答えはもちろん「はい」です。なぜかと言うと、

基本的にダイエットは、運動をするか、または食習慣や生活習慣を変更する方法しかありません。運動をすること自体は有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、自転車など継続をして体を20分間以上動かす運動)をすれば汗もかきますし普通に痩せます。しかし、問題は運動をした後の食事にあります。
結局の所、運動をしたのでいつもより食べてもいいだろうと言う考え方をしてしまうと実はかなりのカロリーを摂取し過ぎているという場合があります。
だたし、運動をともなう場合に比べると、体重管理や減量効果の維持は難しいということをはじめに知っておいてください。
では食事面においてどの様なことに気を付ければ良いかというお話を次の章でお話させていただきます。

基礎代謝とは「人間が生きていくために使う基本的なエネルギー」です。1日何もせずに寝ていても使われるエネルギーを指します。
そのため、痩せるために「まず」必要なことは、運動でも食事制限でもなくて基礎代謝を上げることです。
基礎代謝が高ければ、運動なしでもより多くのカロリーをエネルギーとして消費できるので、太りにくくなります。逆に基礎代謝が低ければ、太りやすくなります。
そこで、次は基礎代謝を上げるには、食事と生活習慣のことに解説します。

まずは、運動なしで痩せるポイント:厳格な食事制限が必要!

ダイエットするには、運動して消費カロリーを増やすか、食事を減らして摂取カロリーを減らすかのどちらかです。できれば両方行えば、よりスピーディーにダイエットできます。けれども、運動したくない場合、やはり厳格な食事制限を行わなければなりません。
ダイエットのポイントとしては、消費カロリー>
摂取カロリーです。そうすれば、必ず痩せられます。
運動なしでダイエットするためには、食事の摂り方を変えましょう。痩せる食事にするには、次のようなことに気をつけます。

●朝食はしっかりと
朝起きて白湯を飲んで基礎代謝を上げたら、しっかりとご飯を食べましょう。ダイエットしているのにいいの?と思われるかもしれませんが、朝が一番代謝の高い時間帯です。そのため、朝食をしっかりと取ることで間食をなくし、全体的なカロリー摂取を抑えることができます。
●寝直前には食べない
夕食後は基本的に眠るだけです。カロリーを消費することもありませんし、消化吸収が十分に行われずに脂肪に変換されてしまいます。一旦脂肪になってしまうと、なかなか落とすことができないので、食事の時間と眠る時間をできるだけ毎日同じ時間になるように習慣づけるなどして、対策を取りましょう。
●「白米・パン・パスタ」を封印!
炭水化物ダイエットとしてご存知の方も多いのではないでしょうか。これからは栄養素が少なく短期間で消化されてしまいます。また、含まれている糖質を制限することで、糖分の代わりに脂肪が燃焼されるのでダイエットに効果的です。しかし、炭水化物をまったく取らないと肝臓機能の低下や疲労が溜まりやすくなったりしますので、適度に摂取してください。

運動せずに痩せるには、効率よく脂肪燃焼するために、GI値の高い食材は徹底的に避けたいところ。下記の食材リストを参考にして、よりダイエット効果を加速させましょう。

【食べて良い食材】


(野菜)もやし、ブロッコリー、大根、キャベツ、もやし、トマト、アボカド、ほうれん草、アスパラガス、きゅうり、ねぎ、ごぼう、などの野菜
(きのこ類)しめじ、えのき、エリンギ、まいたけ、椎茸
(海藻類)もずく、わかめ、ひじき、あらめ、のり、昆布
(豆類)豆腐、大豆、枝豆、納豆、豆乳
(肉・魚類)鮭、ししゃも、あさり、しらす、ササミ
(果物)イチゴ、グレープフルーツ、オレンジ、梨、レモン、ブルーベリー、プルーン、キウイ、りんご
(ナッツ類)アーモンド、くるみ

上記で紹介する食材の中に、「もやすダイエット」が一番おすすめします。なぜかというともやしの良いところは、低カロリーなのと、安い値段でたくさん買えることです。しかも、もやしには、ダイエットに良い栄養をたくさん含んでますし、もやしを食べて効率的に痩せることができるのです。
では、もやしがダイエットに良い理由を詳しく見てみましょう。

・ダイエットに効果的な食物繊維
もやしの食物繊維がダイエットに良いのは、①余分な糖質と脂質をからめ取って脂肪が付きにくい。②満腹感が長く続く。③腸内環境を整えることです。
・もやしのカリウムでむくみを改善
カラダがむくむと血流やリンパの流れが悪くなり、代謝が落ちてしまいます。なぜカラダがむくむのかというと、塩分のとりすぎが原因です。
それは、体液は塩分8%でバランスを保っているので、塩分濃度が高くなると、カラダが水で薄めようとするからです。そして、カラダの組織間にパンパンに水がたまってしまいむくみになるのです。そこで、むくみを解消するために、余分な塩分を排出しなければなりません。
もやしに含まれる「カリウム」には、塩分を排出するはたらきがあるため、むくみを解消して代謝を上げるのに役立つのです。
・体脂肪を燃やすビタミンB群
もやしには、糖質や脂質の代謝にかかわる「ビタミンB群」が含まれます。ビタミンB群が不足すると、糖質や脂質の分解がスムーズにできなくなるため、代謝が鈍くなり太りやすくなってしまいます。
ビタミンB群には、他にも新陳代謝を促進して肌や髪をキレイにする、自律神経を整える、免疫力を上げる、疲れを取ることなどに関わっているため、キレイに健康的にダイエットするために必要な栄養素なのです。
関連記事:もやしダイエットには、人気なレシピについて、こちらの記事をご参考ください。

上記のように、もやしはダイエットにはぴったりです。普段もやしを食べるにはスーパーで購入することが多いです。けれども、スーパーで購入するもやしは大部分は工場で栽培されたものです。工場野菜の最も大きなデメリットの一つは肥料のコントロールに失敗して、硝酸態窒素が過剰に残っているということです。硝酸態窒素が多すぎの場合、人体内で亜硝酸やニトロソ化合物に変換されて、色々な病状の発症に寄与します。
というわけで、そんなことを避けるには、自宅で栽培するほうがいいです。水だけでもやしを育成できます。

そしては、生活習慣の改善も大事です。

上記は基礎代謝をアップするために、食事について解説します。一番効果的なのは運動ですが、生活習慣の改善でも、少しずつ基礎代謝を上げることができます。運動せずに痩せるいい生活習慣は以下のようです。

● 寝起きにコップ1杯の白湯を飲む
寝起きにコップ1杯の白湯を飲むと、消化器官が温まります。白湯を飲んで30分ほどすると、消化器が活発に動き始めます。それから朝食を摂るといいでしょう。白湯の温度は、50度くらいの少し熱めが効果的です。
● 朝食は抜かない
朝食を抜くと、空腹のために基礎代謝が低下します。時間がなくても野菜ジュースやバナナなど、何か口に入れましょう。
● 姿勢を良くする
正しい姿勢を保つと、それだけで腹筋が鍛えられ、体が引き締まります。座っているときだけでなく、立っているときや歩いているときにも気をつけましょう。
● 寝る前3時間は食べない
寝るときに胃の中に食べ物があると、消化器に負担がかかり、脂肪になりやすいのです。夕食は寝る3時間前にはすませましょう。夕食が遅い人は、夕食を軽くして、朝食をしっかり食べるようにしましょう。
● よく寝る
寝ている間には脂肪を分解する成長ホルモンが分泌されます。最も成長ホルモンが分泌される22時から午前3時に寝ているようにすると、より効果的です。

最後としては、8時間ダイエットする方法です。

8時間ダイエットとは、8時間だけおこなうダイエット法という訳ではありません。1日のうちで、食事をしていい時間を8時間以内にとどめるというダイエット法です。
8時間ダイエットはアメリカで爆発的に流行したダイエット法として知られており、日本でも雑誌などのメディアで取り上げられたことから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
● 8時間ダイエットのやり方:
8時間ダイエットをやるときには、朝ごはんを抜くというのが一般的となります。最初の食事をお昼の12時にしたとしたら、晩ご飯は夜の8時以内に終えるようにします。
● 8時間ダイエットのメリット:
8時間ダイエットをおこなう際には、おそらく1日に2食になることと思います。そのため、1回に食べる量を増やせることから、満足感を得ることが可能となります。
また、食事の回数が減るので有効に時間を使うことが可能となります。さらに、食事のカロリー計算が容易になるので、面倒くさがりの人にはおすすめです。

まとめ

上記は運動しない痩せる方法について紹介しました。
運動が得意と言う人は運動を取り入れたダイエットをすることでリバウンドしづらい減量をすれば良いしょう。しかし、運動が苦手、やってもすぐに諦めてしまうと言う人は運動を無理に行うのではなく、生活習慣や食生活を改善することで減量を目指しましょう。
生活習慣や食生活の改善によるダイエットはリバウンドしやすいというデメリットがありますが、食事を30分以上かけてゆっくりとよく噛んで食べることで防ぐことができます。辛くないダイエットで今日から減量を始めましょう!

カテゴリー